小学生の授業について

小学生の授業は、この教室で得た知識が今後につながる授業をしています。

子どもの語学の習得は、大人よりも断然早いですが、忘れてしまうのも早いです。

今、こちらの教室では、ほとんどの生徒が英語で自己紹介ができます。でも、他の角度から英語で自分の話をさせようとしても、まだまだうまく話せないのが実状です。『数年後も英語が定着しているように』と、繰り返しいろいろな角度から各単元にむけて学習しています。

 

そして、フォニックを英語学習のメインとし、英語知識をたくさんinput(入力)することで、英語読書やスピーチ、ライティングのoutput(出力)につなげています。


1.Enjoy Singing 

英語の歌を歌う。

 

2.Speech 自己表現

ライティングにも少し触れます。

毎月テーマを設け練習し、毎月末に動画を撮ります。

3. Phonics(フォニックス)を学習

 

詳しくは「フォニックスカリキュラム」を参照ください。

4. Oxford Reading Tree 

英語本の口読。

英語圏の子どもたちの日常生活が話の内容となっており、普段学習している英語が実際にこうやって使われているのか・・・と知ることができます。

文章を読むことで学習したフォニックスの理解を深められ、また、英語で絵の描写をしながら、学習した文法の理解をも深めることができます。

 

高学年はディスクリプションも行います。

 

4. 英語ドリル(小2・3年英単語 小4・5・6年文法ドリル)

 

他の生徒が上記の本を読む間、待っている間に取り組むドリルです。

学習したフォニックスをドリルで復習します。

高学年は英文法のドリルに取り掛かります。